クレジットカード現金化で気を付けておくこと

クレジットカード現金化を使うとキャッシング枠が使えない時でも現金調達できるというメリットがありますが、だからといってデメリットがないわけではありません。
そのデメリットに関しても知っておかないと後々トラブルになることもありますので、デメリットに関してもきちんと知っておくようにしましょう。
クレジットカード現金化は確かに使い勝手が良いため、多くの人が利用されています。
キャッシングの場合にはカード会社の審査が必要になりますが、こちらの方法ではカード会社の審査は不要です。
それは、この方法がショッピングを買うという行為をしているに過ぎないからです。
キャッシングサービスはカード会社からお金を借りるという行為になりますので、審査が必要になります。
では、クレジットカード現金化のデメリットに関して挙げていきます。
どのようなデメリットがあるのかをしっかりと理解した上で、こちらの方法を使っていきましょう。

クレジットカード現金化のデメリットは、クレジットカードが今後使えなくなる恐れがあるということです。
それは、この方法をカード会社では利用規約で認めてないからです。
ただし法律では禁止されていませんので、法を犯すことにはなりません。
あくまでカード会社の方で利用規約として禁止しているに過ぎません。
とは言っても、利用規約に禁止した行為をしてしまうとクレジットカードを使えなくなります。
もしカード会社でこちらの方法で現金を調達していることをカード会社にばれてしまいますと、今後クレジットカードを使っての決済ができなくなります。
クレジットカードの決済が不可能になりますとショッピング枠が使えなくなりますので、事実上ショッピング枠を利用しての現金を調達することができなくなります。
ではどのような場合にカード会社にばれてしまうのかと言いますと、繰り返し短期間でこちらの方法を利用してしまうことです。
換金性の高い商品ばかりをショッピング枠で短期間で何回も繰り返し行っているとばれやすくなります。
ですから、短期間で何度も繰り返さないように気を付けます。